20代薬剤師にありがちな転職失敗例

20代薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 20代薬剤師にありがちな転職失敗例

20代薬剤師にありがちな転職失敗例

せっかく転職したものの、前の職場の方がよかったことに気づく薬剤師が多くいます。20代でする転職で失敗してしまうのはなぜでしょうか。

最も多い失敗例は人間関係でしょう。特に調剤薬局に転職する薬剤師の中に多くみられます。病院薬剤師であれば、ある程度の人数や医師や看護師といった別の職種の人と接する機会もあります。ドラックストアであれば、曜日や時間帯によって勤務するスタッフは異なります。しかし、調剤薬局の場合は閉鎖的な空間で少人数の薬剤師が仕事することになります。そのため人間関係でストレスを感じることも多くなるようです。失敗しないためには、事前に転職を希望する職場に一度見学に行くことです。全てを知ることはできませんが、実際に働いている薬剤師たちにも話を聞いてみることができ、自分が働く時のイメージをする助けになります。

自分が希望する仕事やスキルアップができないことで転職を失敗してしまうこともあります。例えば病院薬剤師では、転職し病棟勤務やチーム医療に加わりたいと希望していても、実際に働くと外来患者さんのための調剤業務の毎日であることや、研修会や勉強会に参加して知識や技術をアップさせたいと考えて転職したものの参加する機会がなかったなどがあります。この場合も転職先の見学をすることで失敗を防ぐことができますし、あらゆる方面からの情報収集をすることで、転職後の勤務がどのような業務になるかを知ることができます。

他業種への転職のために業務方法がわからないという事例もあります。薬剤師として現在の職業から得た経験や知識があるものの、業種を変更することで全く通用しないということもあります。病院薬剤師やドラックストア勤務の薬剤師が調剤薬局へ転職したりすると、業務内容や方法が違うために、何をどのようにしていけばいいのか分からなくなってしまうことがあります。転職先には新人研修やバックアップ体制が整っているのかをチェックすることができますので、給与面や休日などは転職時に気になる条件ですが、業務内容にもしっかりと目を通すことで失敗を防げます。

全く失敗のない転職もありませんが、事前の情報収集や職場見学によって失敗を防ぐことはできます。また失敗したと感じてもすぐに諦めることなく、その失敗を自分が薬剤師として成長するための機会とみなすこともできます。人間関係を向上させるためにコミュニケーション能力を身に着けることや、新たな分野に挑戦して薬剤師としての活躍の場を広げることもできます。

20代の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 20代薬剤師の転職サイトランキング All Rights Reserved.