20代で転職を繰り返すのはよくない?

20代薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 20代で転職を繰り返すのはよくない?

20代で転職を繰り返すのはよくない?

1つの職場で長年働くことで身に着く知識や技術もありますし、幾つかの職場で働くことで得られる経験や広い考え方もあります。同じように1つの職場で働く薬剤師もいますし、転職をする薬剤師もいます。どちらが良くて、どちらが悪いという訳ではありません。では20代で転職を繰り返す薬剤師はどうでしょうか。

「石の上にも3年」ということわざがあるように、薬剤師の業界でも1つの職場で十分に知識や技術を身に着けて勤務できるためには、約3年間は必要と考えられています。そのため3年に1度の頻度で転職を考える薬剤師も少なくありません。転職理由は年収アップやスキルアップ、女性であれば結婚や出産を機に生活パターンが変化して転職することもあります。

20代の薬剤師であっても転職することがその後のキャリアプランにマイナスになるとは限りません。早い段階で転職し様々な職場で働くことで、1つの職場だけでは得られないたくさんの知識や技術を身に着けることができます。それによって、将来さらに活躍できるチャンスが生まれるかもしれません。

転職時には20代という若さであっても、採用側はある程度の薬剤師として、社会人として成長していることを期待しています。そのため最低限のマナーや常識は身に着けておく必要があります。また採用側はまず転職理由に注目します。もし転職理由として、収入が低いことや人間関係が上手くいかない、自分の希望する仕事ができないなどの自分にとってマイナス面があるために転職を繰り返している場合、慎重に検討することになります。逆に現在の職場で必要な知識や技術を習得したため、自分のスキルアップを目指して、将来のキャリアプランを考えて転職をする場合は好印象を残すことができます。

転職することで成長することもできますが、同じ職場にとどまることで成長できる部分もあります。また自分の希望や理想と合わない環境であっても仕事に励むことで、忍耐力やどんな人とも上手に仕事をする協調性を培うことにもなります。自分の見方次第で、マイナス面もプラス面になることも多々あります。

20代の若い時に多くの経験を積むことも非常に大切です。実際転職することで大きく成長し成功している薬剤師も多くいます。20代で転職することを考える場合、特に最初に転職する場合は自分の転職理由を明確にしておくことが大切です。そうすることで面接時にも自信を持って答えることができるはずです。

20代の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 20代薬剤師の転職サイトランキング All Rights Reserved.