人事から評価される20代薬剤師の転職理由とは

20代薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 人事から評価される20代薬剤師の転職理由とは

人事から評価される20代薬剤師の転職理由とは

薬剤師として病院や薬局で働き始めて数年がたつ20代後半になると、転職を考える薬剤師が多いようです。転職時に評価される理由やタイミング、注意点などをあらかじめ知っておくことで転職を成功させることができます。

転職の理由は様々ありますが、やはり年収や収入面でよりよい条件、待遇を求めて転職を考える薬剤師が多いようです。この理由が大きなマイナスになるという訳ではありませんが、基本的に転職のタイミングは3年に1度と言われています。同じ職場で最低3年勤務することで、必要とされる知識や技術を習得することができるからです。しかし、短期間に転職を繰り返してしまうとマイナス評価につながりかねません。年収や待遇面で転職を希望する際には、転職先の条件をしっかりと把握することが成功に不可欠です。

最近ではスキルアップを考えて転職する薬剤師も20代後半には増えています。病院薬剤師や調剤薬局の薬剤師としてある程度のやりがいを感じているものの、今の職場でのスキルアップには限界があると感じるためです。そのような人は転職先で自分がイメージするスキルアップは可能なのかを理解しておくことが非常に大切です。転職先の病院や薬局で働く薬剤師が研修会や勉強会などに参加できているのか、認定資格取得のために理解を示しているのか、資格取得後も認定薬剤師として活躍する場があるかなどを確かめておけば、転職を機にスキルアップが可能になります。面接時には今の職場でどのような経験や知識を得たのか、それがどのように役立っているのかをアピールできれば好印象を与えることができます。

将来のキャリアアップを考えて転職することも評価につながります。自分が薬剤師として成長し、必要な技術を習得できる環境が転職先にあることを伝える事が大切です。具体的なイメージを持っておけば、面接時の質問にも慌てることなく対応することができるはずです。

どの職場で勤務するとしても、そこから学べる知識や技術は多かれ少なかれ必ずあります。薬剤師として働く場合も自分の希望に合わない理由ですぐに転職をしてしまうと、実は学べることが多くあってもそれを逃してしまいます。3年を1つのスパンと考えて、まず今勤務している職場で学べることを吸収することも大切です。人事部では何百人もの薬剤師を面接しきているので、言葉や表面的な部分だけではなく人としてどのような資質を持っているかも見られることでしょう。

20代の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 20代薬剤師の転職サイトランキング All Rights Reserved.