20代薬剤師の平均年収

20代薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 20代薬剤師の平均年収

20代薬剤師の平均年収

20代薬剤師の平均年収は職場によって違いがあります。病院などであれば薬剤師の公務員の俸給が参考に考えられており、新卒初任給で208000円が基準となっています。民間の病院であってもほとんどがこの給与を基準に考えていますから、病院で働きたいと思った場合には年収250万円程度が普通と言えます。薬剤師だからといって他の仕事よりもうんとお給料が高いということは無いのです。

一方ドラッグストアなどの一般企業で働く薬剤師の場合には、20代であっても平均年収400万円程度というのが一般的にあります。薬剤師以外の仕事も合わせた20代全体の平均年収は300万円程度と考えられますから、一般企業の薬剤師の場合には平均的な20代よりももっとたくさんの収入を得ていることになります。薬剤師として働く場合には、どういった仕事をしたいのか・どのようなスキルを身につけたいのか、ということを考えて職場を選択することがとても大切です。

しかしそれだけでは不十分で、どのくらいの収入を得たいのかとうことも同時に考えなければいけません。薬剤師の仕事は決してラクなものではありません。たとえ希望通りの仕事ができる職場に就けたとしても、その働きに見合うだけの収入が得られないという状態だった場合には、やりがいを見失ってしまうこともありますし達成感を実感できないということもあります。収入というのは1つの評価ですから、自分の頑張りにあまりにも見合わないと感じてしまうと、どうしてもやる気も低下してしまいがちになってしまうのです。

もしも就職してから、仕事の割に給料が安く昇給も見込めないという状態が続いているのであれば、転職を考えるということも必要になってきます。より活き活きと働ける条件の揃った場所へ転職することは、今後の自分のスキルアップを考えた時にもプラスに働くからです。薬剤師の転職の場合には、マイナビ薬剤師やエムスリーキャリアなどの転職エージェントを利用すると効果的です。

20代の転職というと、薬剤師であってもプラスのイメージを持たれない場合があります。転職エージェントでは面接対策なども行ってくれますから、印象アップのための対策をすることができます。また、非公開求人なども含めた多くの求人の中から、自分の希望や経験と合致するものを紹介してもらえますので、転職の成功率がぐっとあがるのです。そのため、20代でスムーズに希望の収入を得られる職場に転職したいのであれば、転職エージェントを有効活用していくことが重要です。

20代の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 20代薬剤師の転職サイトランキング All Rights Reserved.