20代薬剤師が他業種へ転職は可能?

20代薬剤師求人TOP >> 基礎 >> 20代薬剤師が他業種へ転職は可能?

20代薬剤師が他業種へ転職は可能?

状況の変化は人として成長する機会になると言われますが、薬剤師も転職をすることによって成長する機会が生じます。同業種内での転職、つまり病院薬剤師として違う病院に転職したり、中小規模の調剤薬局から大手調剤薬局へ転職することで新たな知識や技術を取得することができます。

20代での他業種への転職は不可能ではありませんが、簡単でもありません。調剤薬局から病院薬剤師へ、ドラックストアから調剤薬局への転職などです。通常、他業種への転職の場合は前職の実績があるかどうかで採用可否に大きく影響します。

実際に他業種へ転職することで、これまでの職場で得た知識や方法などが通用せずに転職を失敗してしまったと感じる薬剤師も多いです。同じ薬剤師であっても病院、調剤薬局、ドラックストアによって必要とする医学知識や技術、使用する調剤機器なども異なります。他業種へ転職する場合には、転職先でしっかりとしたバックアップ体制が整っているか、未経験であっても大丈夫なように研修体制があるかを確認することが必要です。

20代は新しいことに挑戦したいという意欲があるので、他業種への転職を考える薬剤師が多い傾向があります。他業種への転職の場合、特に新たに挑戦する部分も多くあるため、想像以上のエネルギーや時間、努力が必要とされます。もし、年収アップや厚待遇を目的として他業種への転職を考えるならば控えた方が賢明かもしれません。将来の自分のキャリアプランをしっかりと持ち、そのプランを実現するために必要であるゆえに転職するならば、難しい状況や努力が求められる時にも諦めずに新たな職にとどまることができるはずです。

3年に1度が転職を考えるタイミングと言われています。3年間勤務することで、その職場に必要な知識や技術を一通り学ぶことができるからです。同職種に転職するならば新たな知識をそれまでの経験に付け加えて十分に活躍することができます。しかし他職種に転職する場合は、また3年間を費やして新たな知識を0から習得する必要がありますが、高い向上心をもつ薬剤師であれば成功することができるでしょう。

転職時に採用側は転職理由に注目します。他業種であればなおさらかもしれません。20代という若さで他業種に転職を希望する場合、前職の環境が合わなかったとか自分の希望する業務に携われなかったという理由であれば、採用側も慎重になるでしょう。将来のビジョンをしっかりと持ち、伝えることが他業種転職を成功させる秘訣となります。

20代の薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 20代薬剤師の転職サイトランキング All Rights Reserved.